FC2ブログ

伊那谷の紅葉2018

2018102901

天気が良かったのでシビックでドライブに行ってきました!

コースは今年のゴールデンウィークと同じ。
つまり、「塩尻峠→諏訪湖→杖突峠→伊那→権兵衛峠→木曽→塩尻」という流れですね。

杖突峠はワインディングが続く好コース。意外と道路の状態も良いので快適です。
ギアチェンジを繰り返しながら、スイスイとをワインディングを抜けてゆくのは気持ちが良いですね。
所謂「駆け抜ける喜び」でしょうか? 「たーのしー!」状態です。

2018102902

美和ダムですね。
紅葉はもうちょっと進んでからの方が綺麗でしょうか。
ちなみに、ダムサイトの近くに資料館(展示館?)があるのですが、魚の剥製も飾ってあるんです。
それがサツキマスとイワナなのですが、イワナの方はどう見ても「ブラウントラウト」なんですよ……謎ですねー。

2018102903

オリンパス・ブルーがよく出たこちらは、信大農学部の「ゆりのき並木」です。
いやー、ちょうど見ごろでしたね!
銀杏とはまた違った、深い黄色が綺麗です。


この後は権兵衛峠を通って帰りましたが、そちらの紅葉(落葉松)はまだ少し早い感じでした。
今週末あたりが見ごろですかね。
お時間のある方は、ぜひ、足を伸ばしてみては・・・・・・!




スポンサーサイト

サイゴ

2018092902

今シーズンもいよいよ最終戦です。

それにしても、この九月はついぞ、平水状態の川で釣りをすることができませんでしたね。
前回と同じ川ですが、更に増水しています……

最上流域、川が細くなるあたりから入渓します。
濁りがないのが幸いですが、やはり流れは太いですね。
これは拾い釣りかなー。

一つ目のポイントでは無反応。
それもそのはずです。堰堤の脇の茂みには真新しい足跡が……
この時間、この場所に足跡を残すのは釣り人意外にあり得ませんよね。
雨が止むのを待っている間に出遅れてしまったようです。

2018092901

若干テンションが下がりましたが、1匹目のアマゴがそれを帳消しにしてくれました。
フレッシュな反応に、「これは行けるかも?」 そんな希望が芽生えます。
先行者はエサ釣りだったのもしれません。

2018092903

すぐに2尾目が!

2018092904

そして最終ポイント。勇ましい顔付きのオスが出てくれました。
特段大きな魚ではありませんが、精悍なルックス。実にこの川らしいアマゴです。
こんな魚が釣れてしまうから、私はこの小さな川に「尺」の幻想を夢見てしまうのですよ。

2018092905

雨が強くなったところで退渓しました。
賞味1時間程度の釣りでしたが、秋らしいアマゴが釣れてくれて満足。
色々と心残りがないと言えばウソになりますが、そんな気持ちもまた来季へのエネルギー。

またこの川のアマゴを思い浮かべながら、バルサでも削るとしましょう……


トンガリ

2018092403

いよいよ9月も残り2週間となりましたね。
川は未だに増水中ですが、釣りに行かないわけにもいきません。
釣りに行かずして今シーズンに悔いを残すくらいならば、釣りに行って釣れなかった方が……マシですよね!

いつもの川です。
ここも結構な水量ですが、釣りにならないというほどでもありませんね。
普段なら軽々と跨げる流れをヒイヒイ言いながら遡り、上流のポイントを目指します。
こういった岸がない川は、増水時の遡行が大変ですね。

2018092404

9月に入ってから完成した新作です。
「たなごっちFS4」というモデルですが、昨年の「FS」を改良したものですね。
なかなか良い感じに仕上がったと思います……が、リップの形状にはまだ検討の余地があるようです。
今日のような増水時では、水切れが少々良すぎる気がしますね。

2018092402

魚からの反応は思いの外多いです。
上がれば上がるほど魚の数も増えてきているようで、ポイント毎に水面下で銀鱗が翻ります。

しかしながら、全然フッキングしないのですよ。
アマゴのアタック自体は鋭いのに、針が掛かりしない……増水の所為でバイトのタイミングがズレているのか?
あるいは自作ミノ―のせい?

2018092401

何とかネットインできたアマゴ。
カッコいい! いやー、良い魚ですね!
長年この川で釣りをしていますが、こんなに尖った顔をしたアマゴは記憶にありません。
目指している尺には及びませんが、こんな魚が一匹でも釣れれば大満足ですよね。



九月前半戦は

2018091601

先週の3連休、miyamonteさんに北信の渓流をご案内いただきました!

今年の渓流シーズンも最終月に入りましたが、雨が全く降らなかった7,8月とは打って変わって……
9月に入ると台風もあり、毎週のように雨が。
ホームの天竜川水系はどこも増水気味ですね。

北へ向かう前日にも結構な雨が降りました。
案の定、大ヤマメ狙いで入る予定だった川も増水中。
堰堤下でちょっとやってみましたが、ノーフィッシュで移動です。

2018091602

この後はいくつかの川へ連れて行っていただき、ヤマメの尻尾を追いかけました。
しかしながら、今年の北信は厳しいようですね。
miyamonteさんも、魚の少なさを肌で感じているようです……

とはいえ、自分の知らない新しい川を釣り歩くのは楽しいですね。改めて感じました。
今シーズンも残り2週間ですが、今回の釣りに触発されてしまったようです。
気になっていたあの川に行ってみましょうか……?


miyamonteさん、今回はありがとうございました。


雨足りず

2018082501

台風が通過し、待望の雨です。
これは渇水気味だった渓もリフレッシュされたのではないかな?
いても立ってもいられず、朝一で行ってみました。

川についてみると。
少ないことには少ないのですが、悪い雰囲気でもありません。
水が淀んだ感じもないですしね。

2018082503

灰色の雲が垂れこんだ空。
太陽が顔を出すまでにはもう少しかかりそうですね。
暑くなる前に魚の顔が観たいことろです。

ところが、朝一の印象とは裏腹に魚の食い気が全く感じられません。
チェイスすらなしです・・・・・・

2018082502

なんとか1匹目のアマゴです。
そして、結局本日唯一の釣果となりました。
でも良いアマゴですね!
側線の上にはうっすらと紫色が浮いていて、何となく秋を感じさせる色合いです。

結論として、今回の雨では川の状況を好転させるには至らなかったようですね。
もう一雨、川の水量がグッと増える様ヤツがあれば良いですが。

流石に、このまま9月の終わりまで渇水ということもないでしょう……?