開幕/小遠征

2017060301

もう6月です。
今年の渓流シーズンが開幕してから早3か月半になるわけですが、ついに、やっと!
私の渓流シーズンが開幕いたしました。

今回は、兼ねてよりmiyamonteさんからお誘いいただいていた、とある北の川へ。
昼過ぎに自宅を出発し、中央道~上信越道で北を目指します。
上の写真は道中の梓川PAから望む北アルプス。

2017060301

miyamonteさんとお会いするのは実に2年半(?)振りくらい。
前回は木曽でしたね。
今回は現在開拓中という川を案内していただきましたが、実に素晴らしい川です。
2年ぶりに立つ渓流は、最初こそ足取りも覚束ない感じでしたが、すぐに身体に馴染みました。

実績ポイント&先行させていただいた甲斐もあり、わずかな時間の中でも数尾のヤマメを手にすることが出来ました。
いやー、ヤマメを釣るのは本当に久しぶりです。今まではアマゴばっかりでしからね。
色乗り良く、幅もあり、本当に良いヤマメです。

約4時間でヤマメ3尾(+ニジマス1尾)。ビジターの私にとっては十分すぎる釣果です。
これもmiyamonteさんのガイドがあってこそでしょう。

今回は本当にありがとうございました!




スポンサーサイト

サクラソウ科2種

1705272

今回も自宅庭からです。

まずはサクラソウですね。
薄紫orピンクの可憐な花が目を引きますが、ハクサイ的な葉も特徴的。

これが、まるで絨毯のように茂っている光景は本当に幻想的です。
ウチの庭はまだまだですが、大事に増やしていきたいですね。

1705271

一方、こちらはクリンソウです。
日本に自生するサクラソウの仲間では、最大の部類になるそうですね。

こいつは前回ご紹介したクマガイソウの隣に生えているのですが、近年、クマガイ押され気味です。
上手くやれば人為的にも増やすことが出来るらしいので、挑戦してみるのも良いかも。



何となくですが、年々庭の植生も変わりつつあるようです。
昔あったはずの植物が無くなっていることにふと気がつく。寂しい限りですね・・・・・・



初夏の午後

1705191

初夏の花。
実家の庭ではクマガイソウの花が満開となっています。
昔はアツモリソウも生えていたんですけどね~
いつの間にかいなくなってしまったようです。

これからはサクラソウなんかも咲いてきますし、賑やかでキレイな時期ですよ。

1705192

クマバチ(に似たアブ的な何か)の縄張り争いも最盛期です。
この巨体同士で繰り広げられるドッグファイトはなかなかの見ものですよ。

のんびりしているようで意外と動きが速いので、ファインダーの中に収めるのは容易ではありません。
ピントが合うかどうかは、ほとんど運次第ですね。



ドライブ/4月

1704231

眼が回るほどの忙しさだった4月も下旬に入り、やっと、落ち着きを取り戻しつつあります。

松本城、そして弘法山古墳では先週末が桜のピークでしたね。
毎朝の通勤途中、目を楽しませてもらいました。

一方、実家の庭先では梅の花がちらほらと花をつけはじめていました。
こちらは今日のこと、リアルタイムです。
いやー、さすがに標高が900メートル近いと、季節の進み方がまるで違います。

1704232

今日は久しぶりの晴れの週末。
ガレージから愛車を引っぱり出し、近場の峠へと繰り出してみました。

目的地は「塩嶺王城パークライン」です。
辰野町小野地区から岡谷までを繋ぐ極々短かな峠道。
しかしながら車線はしっかりと2本あるので、安心して走ることが出来ますね。
適度なワインディングが実に心地よいコースです。

下りでは、右手に北アルプスを望み、左手には八ヶ岳をバックに諏訪湖。
眺望も抜群です。

ただ、ところどころで路面を横切る排水溝が結構エグイのです・・・・・・
ちょっとアシが硬い車だと、「ガツン!」という突き上げを食らうこと必死です。
・・・・・・ゆっくり走りましょう。

1704233
(・・・・・・マジですか?)

ちなみに、帰りついでに上州屋によってウエーダー(リョービ製)を購入いたしました。
これでやっと、渓流の準備が整いましたね。


気が付けばゴールデンウィークも眼と鼻の先ですし、いよいよ、シーズン開幕です!





2年ぶりの自作

1703051

役2年ぶりの自作ミノ―が誕生しました!

11月から型紙を起こし始め、バルサのカットからサンディング、ディッピングを経て塗装まで。
思ったよりも長い時間がかかってしまいましたね。
しかし、実に楽しい時間でした。

今回はすべてノ―ネームの試作機です。
コーティング剤や塗装では新しい試みも多く、耐久性には少々疑問符が付きそうです・・・・・・
こればかりは実釣でのテストあるのみですね。
ちなみに、バスタブでのアクションテストではなかなかの好印象でした!

ボディタイプにしましても、フローティングからヘビーシンキングまで色々とバリエーションがあります。
特にフローティングはデザイン、アクションともにお気に入り。
これを基盤にサスペンド、シンキング、そしてMDへと色々な構想が広がっていきそうです。


さて。
ミノーも出来上がったことですし、いよいよ川へと向かう準備も整いました。
後は、もうちょっとだけ水温が上がるのを待つだけですね・・・・・・!