FC2ブログ

2019/明けましておめでとうございます

2018010501

明けましておめでとうございます!
本年も、皆様にとって良い年になりますようお祈り申し上げます。

さて、今年の年末年始は遅れていたミノーの製作に集中することが出来来ました。
(本来は10~11月に済ませておくべき作業でしたが、今年は簿記の試験勉強をしておりまして……)
ここにきて、2019シーズン向けのミノーが一つも完成していないことに危機感を持ったのです。

渓流用の50ミリ~55ミリを30個ほど。
加えて、本流用の70ミリのプロトを何本か仕込んでいます。
70ミリに関しては、フローティングのMDからシンキングまで、色々なものを作ってデータを集めたいですね。
上手くできれば、渓流の大場所用にも……と目論んでいます。

後は塗装を残すのみです。
焦る気持ちもありますが、もう少し暖かくなるまで待ちましょう……


スポンサーサイト

12/21のひとりごと

2018122102

今年の冬は今のところ、暖かいのか寒いのかよくわからない感じですが……
やはり暖かいのでしょう。

思い返してみれば、私が小学生の頃は校庭に水を張ってスケートなんかをしていたんですよね。
今年のような陽気では、とてもあの広い校庭一面に氷が張るとは思えません。
時の流れ、地球温暖化(?)
まあ、スケートの授業は大嫌いでしたが、何となく寂しい気分にもなったりします。

2018122101

シビック用のスタッドレスタイヤを買いました!
こいつの所為で冬の賞与がほぼ消えてしまったのは言うまでもありませんね。
別に冬にこの車で何処かへ行こうというわけではなく、調子を維持するためにちょっと近所を乗り回す……
贅沢な話ですが、そんな消極的な理由で購入したわけです。

なので、サイズも【225/40R18】⇒【215/45R17】にインチダウン。
たった「1インチ」ですが、扁平率が上がったのもあり、見た目はちょっとショボくなってしまいましたね。
ちなみに、銘柄はファルケンの「エスピア」です。
面白いトレッドパターン……

2018122103

原付も冬支度。
野良ネッコの昼寝場になっています。



北海道に行ってきたのですが……

2018110301

3連休を利用して北海道に行ってきました!
もちろん、松本空港からですよ。

……しかし。

2018110302

観光地らしい観光地にはほとんど行かず……?

2018110303

思い起こしてみても、写真のフォルダを見返して見ても……?

暴食の限りを尽くした思い出ばかりが蘇るのです。
今度は釣りにも行きたいですねー。

伊那谷の紅葉2018

2018102901

天気が良かったのでシビックでドライブに行ってきました!

コースは今年のゴールデンウィークと同じ。
つまり、「塩尻峠→諏訪湖→杖突峠→伊那→権兵衛峠→木曽→塩尻」という流れですね。

杖突峠はワインディングが続く好コース。意外と道路の状態も良いので快適です。
ギアチェンジを繰り返しながら、スイスイとをワインディングを抜けてゆくのは気持ちが良いですね。
所謂「駆け抜ける喜び」でしょうか? 「たーのしー!」状態です。

2018102902

美和ダムですね。
紅葉はもうちょっと進んでからの方が綺麗でしょうか。
ちなみに、ダムサイトの近くに資料館(展示館?)があるのですが、魚の剥製も飾ってあるんです。
それがサツキマスとイワナなのですが、イワナの方はどう見ても「ブラウントラウト」なんですよ……謎ですねー。

2018102903

オリンパス・ブルーがよく出たこちらは、信大農学部の「ゆりのき並木」です。
いやー、ちょうど見ごろでしたね!
銀杏とはまた違った、深い黄色が綺麗です。


この後は権兵衛峠を通って帰りましたが、そちらの紅葉(落葉松)はまだ少し早い感じでした。
今週末あたりが見ごろですかね。
お時間のある方は、ぜひ、足を伸ばしてみては・・・・・・!




サイゴ

2018092902

今シーズンもいよいよ最終戦です。

それにしても、この九月はついぞ、平水状態の川で釣りをすることができませんでしたね。
前回と同じ川ですが、更に増水しています……

最上流域、川が細くなるあたりから入渓します。
濁りがないのが幸いですが、やはり流れは太いですね。
これは拾い釣りかなー。

一つ目のポイントでは無反応。
それもそのはずです。堰堤の脇の茂みには真新しい足跡が……
この時間、この場所に足跡を残すのは釣り人意外にあり得ませんよね。
雨が止むのを待っている間に出遅れてしまったようです。

2018092901

若干テンションが下がりましたが、1匹目のアマゴがそれを帳消しにしてくれました。
フレッシュな反応に、「これは行けるかも?」 そんな希望が芽生えます。
先行者はエサ釣りだったのもしれません。

2018092903

すぐに2尾目が!

2018092904

そして最終ポイント。勇ましい顔付きのオスが出てくれました。
特段大きな魚ではありませんが、精悍なルックス。実にこの川らしいアマゴです。
こんな魚が釣れてしまうから、私はこの小さな川に「尺」の幻想を夢見てしまうのですよ。

2018092905

雨が強くなったところで退渓しました。
賞味1時間程度の釣りでしたが、秋らしいアマゴが釣れてくれて満足。
色々と心残りがないと言えばウソになりますが、そんな気持ちもまた来季へのエネルギー。

またこの川のアマゴを思い浮かべながら、バルサでも削るとしましょう……