梅雨なのに渇水

1706281

ちょこっとした雨でも嬉しくなってしまう今日この頃です。
梅雨なのに雨が全然降りませんね~

僅かな雨に、庭の生き物も嬉しそうです。
標準ズームの画ですが、こういう写真をもっときれい撮ろうと思ったら望遠マクロとかが必用なのでしょうか?
いやいや。レンズ沼には嵌りたくないですね・・・・・・

1706281

こちらは、タラノキをムシャムシャと喰っていた謎の甲虫。(ゾウムシ?)
遠目には真っ白、まるで鳥の糞みたいなキモイ虫ですが、寄ってみると以外にもカッコいいフォルムです。

私は昔、「ゾイド」という恐竜やら昆虫やらを模したロボットアニメが大好きだったんですよ。
コイツには何だか、それに通ずるカッコよさを感じます。

17060901

川には水がありません。
例年通りなら、この川でも良いアマゴが釣れるんですけどねぇ・・・・・・
また、あの銀色に輝く魚体を目に焼き付けてみたいものです。




スポンサーサイト

サクラソウ科2種

1705272

今回も自宅庭からです。

まずはサクラソウですね。
薄紫orピンクの可憐な花が目を引きますが、ハクサイ的な葉も特徴的。

これが、まるで絨毯のように茂っている光景は本当に幻想的です。
ウチの庭はまだまだですが、大事に増やしていきたいですね。

1705271

一方、こちらはクリンソウです。
日本に自生するサクラソウの仲間では、最大の部類になるそうですね。

こいつは前回ご紹介したクマガイソウの隣に生えているのですが、近年、クマガイ押され気味です。
上手くやれば人為的にも増やすことが出来るらしいので、挑戦してみるのも良いかも。



何となくですが、年々庭の植生も変わりつつあるようです。
昔あったはずの植物が無くなっていることにふと気がつく。寂しい限りですね・・・・・・



初夏の午後

1705191

初夏の花。
実家の庭ではクマガイソウの花が満開となっています。
昔はアツモリソウも生えていたんですけどね~
いつの間にかいなくなってしまったようです。

これからはサクラソウなんかも咲いてきますし、賑やかでキレイな時期ですよ。

1705192

クマバチ(に似たアブ的な何か)の縄張り争いも最盛期です。
この巨体同士で繰り広げられるドッグファイトはなかなかの見ものですよ。

のんびりしているようで意外と動きが速いので、ファインダーの中に収めるのは容易ではありません。
ピントが合うかどうかは、ほとんど運次第ですね。



2017年

2017122

開けましておめでとうございます!
今年も素晴らしい1年になるよう、お祈り申し上げます。

さて、個人ごとではありますが、今年の抱負でも。

私にとって、今年は「渓流復帰シーズン」となりそうです。
ただの一度の釣行さえなかった昨年。釣りを始めて以来のことでした。
しかし今年は、時間的にも精神的にも余裕があるのです。

2017121

ミノーの製作も再開です!
前ロットからの継続モデル、新作、そして試作を含めて40個ほどが塗装待ちの段階まで仕上がっています。
頃合いを見て、念願だったコンプレッサーを導入、塗装練習の予定。
楽しみですね~・・・


とにかく今は、渓流に行きたくてウズウズしています。
自覚できる程の禁断症状ですね。こんな気持ちで解禁を待つのは何年ぶりでしょうか・・・・・・





分かれ道のさき

1010104

お久しぶりです。
ご無沙汰しておりました。

いよいよ秋ですね。
信州の実家では、すでに上着なしでは外も出歩けません。寒いですね。
そういえば、今年の渓流シーズンのいつの間にか終了。
私はというと、ついぞ一度もロッドを振ることなく10月1日迎えてしまいましたよ。寂しい限りです。


さて、昨年の7月あたりに「岐路」というエントリーをした記憶があります。

岐路、それは分かれ道ですね。
選んだ道の、その先を歩んだ一年でした。
結局、その奥にもさらにたくさんの分かれ道がありました。
それでも、ここにきてやっと、次の目的地が司会に入ってきたような気がします。

161010

少しだけ気が楽です。
つい先日、ずっと我慢していたスピッツの新譜を解禁しました。

『醒めない』

ああ、これはスゴク良いですねぇ……涙が出そうですよ。

161010

101010


ミノ―メイキングの方も再開していきたいですね。
おととしの12月にアルミを貼ったままのブランクが何本かあるのです。


そして釣りも。
これから紅葉の時期でもありますし、鹿島槍ガーデンあたりにでも足を伸ばしてみたいですね!