スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます/2018

2017122995

2018年、明けましておめでとうございます。
皆様にとって良い年となるよう、お祈り申し上げます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします!

年末年始は非常にゆっくりと過ごすことができました。
お陰で、ミノ―メイキングの方も順調です。
11月からの製作の方は前回の記事でご紹介した「Neon」で一区切りですが、また新しいモデルを仕込みましたよ!

4月までの目標といたしましては、

・たなごっちシリーズを追加生産(30個くらい) ※仕込み済み
・本流用6センチ(テストモデル)
・新型フローティング(テストモデル)

こんな感じで考えていますが、余裕があればテストモデルをもう何種類か作りたいですね・・・・・・
渓の流れを思い描きながら、またコツコツと頑張ります!

スポンサーサイト

10/8のひとりごと

17100801

干し柿用の渋柿です。
今年はどうやら当り年のようで、枝が撓るほど実っていますね。

渓流シーズンが終了してから1週間。
猛烈に川に行きたい日々。案外、この時期が一年で一番釣欲が大きくなる時期なのではないでしょうか。
そんな気持ちをガス変えに、近頃はストイックにバルサを削っております。
目標としては「来年の4月までに100本! 」を目指して頑張ります。

17100803

○松本アリオ閉店に泣く
去る9月、松本駅前のアリオが閉店してしまいました。
大昔は「松本のヨーカドー」と言ったのですが、個人的にはその名前の方がしっくりきますね。

小学校の頃です。
松本のエンギザにガメラ3の映画を見に連れていってもらった帰りに、ヨーカドーのレストラン街で
お昼を食べた記憶があります。たしか、ハンバーグの入ったグラタンだったかと。
遥か遠くの記憶ですが、ふと思い出し、センチな気分に浸ってしまいました。

17100802

○新型シビック発売
9月29日、ホンダから新型「シビック」が発売されました。
エヴァの監督を起用したCMが話題になっていましたね。今回のモデルで10代目になるそうです。
一時期日本市場から消えていたとはいえ、カローラと並んで日本車を代表する名前ではないでしょうか。

ハッチバックなら松本、タイプRは上田のディーラーに試乗車があるようですね。
運転してみたいですねェ・・・・・・特にタイプR(450万円)。
しかし、買う気ゼロ%の試乗もいかがなものかと。
何となく尻込みしてしまうのです。

17100804

○ランディングネットを無くす
今年一番の事件です。
どうやら、先月の源流釣行の際に無くしてしまったようです。帰宅してからないことに気付きました。
あのバンブーネットは既に生産を終了してしまったメーカーのものですし、同じものを手に入れるのは困難でしょう。
あぁ、情けないです。マジで情けないです。本当に気に入っていたのに。

替えがきかないレベルで気に入っていただけに、新調するかどうかは未定です。

・・・・・・・・・・・自分で作れば良いのか?



今日の夕日

17082601

夕方、ふと窓の外に眼をやると庭が真っ赤に染まっていたのです。
思わずカメラ片手に飛び出しました。

ここまでの夕日は年に数回しかありませんね・・・・・・


梅雨なのに渇水

1706281

ちょこっとした雨でも嬉しくなってしまう今日この頃です。
梅雨なのに雨が全然降りませんね~

僅かな雨に、庭の生き物も嬉しそうです。
標準ズームの画ですが、こういう写真をもっときれい撮ろうと思ったら望遠マクロとかが必用なのでしょうか?
いやいや。レンズ沼には嵌りたくないですね・・・・・・

1706281

こちらは、タラノキをムシャムシャと喰っていた謎の甲虫。(ゾウムシ?)
遠目には真っ白、まるで鳥の糞みたいなキモイ虫ですが、寄ってみると以外にもカッコいいフォルムです。

私は昔、「ゾイド」という恐竜やら昆虫やらを模したロボットアニメが大好きだったんですよ。
コイツには何だか、それに通ずるカッコよさを感じます。

17060901

川には水がありません。
例年通りなら、この川でも良いアマゴが釣れるんですけどねぇ・・・・・・
また、あの銀色に輝く魚体を目に焼き付けてみたいものです。




サクラソウ科2種

1705272

今回も自宅庭からです。

まずはサクラソウですね。
薄紫orピンクの可憐な花が目を引きますが、ハクサイ的な葉も特徴的。

これが、まるで絨毯のように茂っている光景は本当に幻想的です。
ウチの庭はまだまだですが、大事に増やしていきたいですね。

1705271

一方、こちらはクリンソウです。
日本に自生するサクラソウの仲間では、最大の部類になるそうですね。

こいつは前回ご紹介したクマガイソウの隣に生えているのですが、近年、クマガイ押され気味です。
上手くやれば人為的にも増やすことが出来るらしいので、挑戦してみるのも良いかも。



何となくですが、年々庭の植生も変わりつつあるようです。
昔あったはずの植物が無くなっていることにふと気がつく。寂しい限りですね・・・・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。