閉幕/源流ヤマメを巡る旅

17091602

今シーズンもいつの間にやら最終月となってしまいました。
日程的にも、今回が私にとっての最終釣行です。

今回はmiyamonteさんのご案内で、某源流へ。
以前からずっと訪れてみたいと思っていた川です。
何でも、この川の源流にはヤマメが住んでいるというのですよ。
地形的、その他諸々の条件から考えても、完全に本流から隔離されている。
「にも関わらず」です。

17091603

廃林道、朽ちた登山道を歩き辿りついたのは、深い森をひっそりと流れる小渓です。
渓相的には完全にイワナの川といった印象。
瀬のポイントは極々少なく、メインとなるポイントは巨岩によって構成された深み。
早速、入渓地点からルアーを投げ込んでゆきます。

17091601

一投目でいきなりのヒットです。
魚信の正体は、ヤマメではなくイワナ。
派手な斑点を身に纏ったニッコウ系ですね。おそらくは純血種。どこまでも美しい魚です。
正直なところ、この一匹を見た時点でヤマメを釣りたいという気持ちは一気に薄らいでしまいました。

17091604

魚のいる場所、いない場所の差がハッキリしており、何故か見た目良さそうなポイントは沈黙を続けました。
それでもポツポツとイワナが顔を見せてくれます。そして、美しい魚体ばかり。
ニッコウ系のイワナは様々な川で放流されている分、本当にキレイな魚を釣る機会は貴重です。
途中、獣のような顔をした尺イワナも混じり、結果的には大満足の釣果となりました。



・・・・・・そうそう、当初の狙いは「源流ヤマメ」だったのですね。
結局、ヤマメに関しては最後の魚止めまでその影を見ることすらありませんでした。
数年前の釣行ではボコボコ釣れたとのことなのですが、川の環境は短時間でも激変してしまうものなのでしょうか。
それとも、何処かに隠れているだけなのでしょうか。
謎ですね。


そしてmiyamonteさん、今回はありがとうございました。
途中、脚を痛めたり帰り道でへばったりと多大なご迷惑をおかけしましたが・・・・・・
来シーズンもまた、よろしくお願いいたします!




スポンサーサイト