ロスタイム/泣き尺

17092301

「今年はこれで最後!」
そんなことを言った舌の根も乾かぬうちに、また釣りに行ってしまいました。
稲刈りが思ったよりも早く終わってしまったのです。

やはり、締めはここでしょう。
いつもの沢、大好きなアマゴの姿を目に焼き付けてシーズンを終えることにしましょう。

明け方まで降り続いた雨の影響か、入渓地点からアマゴの活性は上々です。
ひとつの淵で立て続けに3,4匹。
先月までの不振が嘘のような盛況ですね。

しかしながら、歩きづらさも例年以上に感じられます。
今年は大水が出なかった影響か、アシが物凄い勢力で繁茂しているようです。

17092304

アシの隙間に落としたミノーに、一際大きなバイトが。
強烈な引きをいなし、ネットイン。その魚体を見て一気に心拍数が上がりました。

・・・・・・ああ、これは完璧な魚です。
まるで夏のままといった青いパーマークの上に、淡く紅い婚姻色が浮かんでいます。
あと1週刊遅ければ、もっと黒ずんでしまっていたはず。まさに「今日だからこそ」見ることが出来た色彩ですね。

17092302

ヒットルアーは新作の「たなごっちFS」でした!
なお、この後すぐにロストしてしました・・・・・・出来の良かったミノーは、その日のうちに無くす。
得意技です。

17092303

帰り道にてさらに嬉しいことがありました。
「オニフスベ」が生えているのを見つけて狂喜乱舞。
このきのこは日本で一番大きな子実体を作る菌種です。今回発見したものはバレーボールくらいはあったでしょうか。
実物は初めて見ましたが、ふかふかと柔らかな、まるではんぺんのようなボディは実に可愛らしいです。
いやー、良いものを見ました。


話は逸れましたが、大満足の釣り納めとなりましたね。
何より嬉しかったのは、鬱蒼としたアシに守られるようにして泳ぐ子アマゴをたくさん確認できたことです。
来シーズンも楽しみですね。




スポンサーサイト